投資

なるべく働かずに生きていきたい。

不労所得

子供4人、家族6人暮らしなのに、タイトルどおりなるべく働かずに生きていいたいと思ってます。
そして、あわよくばあんまり働いていないのにお金持ちになりたいです。

そんな考え方になったきっかけが、2020年の前半に起きたので、自分語りスタートです。

バリバリの仕事人間だった子だくさんパパ


今年2020年の初めまでは、バリバリ仕事を頑張っており
家族や友達よりも、仕事が優先。
仕事で帰りが遅くなったり、自分の予定を投げ出して仕事に行くこともよくある感じの、今では考えられない仕事人間でした。

新型コロナで生活一変

そんな中、今年の2月ごろ、新型コロナが流行り出しました。

新型コロナが流行る少し前に、人生最大のマイブームが訪れます。
それは

都市伝説&陰謀論にハマってしまう。

僕がYOUTUBEで関暁夫さんの動画を見つけたタイミングくらいで、新型コロナが少しずつ流行り始めました。

そのころは都市伝説にハマりまくっている最中だったので
新型コロナは

中国の陰謀とか、化学兵器とか
イルミナティやフリーメイソンが計画していたとか
危険度MAXの殺人ウイルスだとか

全部本当なんじゃないかって思ってしまって
色々最悪なことばかり想像してしまっていました。

世の中のニュースも不安を煽るものが多くて
マスク買い占めや、小学校や幼稚園がコロナの影響で休校となり
僕のコロナへの不安はピークとなりました。


妻や子供たちに、ウイルスが危険だから外出を控えさせている中
自分は仕事で外に出ていて、妻に子供たちにウイルスがうつったらどうしようと、常に不安な毎日をすごしていました。

緊急事態宣言下、4人目の子供が生まれる

そんな状況の中
4人目の子供が生まれました。

出産後数日で、小学校や幼稚園の上の子たちが、外でも遊ぶことができずに一日中家にいたため

妻が育児ノイローゼに

仕事中の子だくさんパパにもたくさん電話がかかってきて
自分ももう限界でした。

自宅に帰り、泣き疲れた妻と、ひさしぶりにたくさん話をしました。
お互いに、気持ちに限界が来ていたことがわかり
仕事中心の生活で、自分にも、家族にも迷惑をかけていたことを知りました。

2人でそれから何日か、毎晩話し合った結果
子だくさんパパが育児休業を取得し、仕事を休む決断をしました。
育児休業を取れば、仕事を辞めることになるなとも思いましたが
仕事をしながらの育児が、限界になっていました。

育児休暇を取得してよかった

男性の育児休暇は、世間的にもまだ認知されてないですし
子だくさんパパの会社も、否定的な考えの会社でした。
育児休業を取るにあたって、仕事を辞めることになると思うという話をしてしまったため
弁護士を使って、育児休業を取らせない方向に仕向けたりもされました。

ですが労働局の方や相談窓口に間に入ってもらい
晴れて育児休業を取得できました。

会社は弁護士を出してくるほどなので
育休後は絶対に会社に戻ることはできないですね(笑

育児休業を取れてよかったことは
仕事をしていたら絶対に取ることのできなかった
1年間という、子供の成長を見守る時間ができたこと

そして、以前からやってみたいけれど時間を作ることができなかった
投資、ブログ、資格の取得に時間を作ることができたことです。

今は働いてはいけない

なるべく働かずに生きていたいんですが
今は厳密にいうと
育児休業中だから働いてはいけない

その後仕事を辞める予定なので
失業保険を受けるまで働けない

なので数年間公的資金を受けている間は,働けないんです。

仕事を休んで、結果辞めなければいけないなんて
コロナのせいで散々だと思っていましたが、この数年間の時間があるうちに
自分の資産を増やしてプラスに持っていけるよう頑張ろうと思います。